【子育て】小学校前に、鉛筆の持ち方を覚える“三角スプーン“

更新日:2021年6月10日

 “すぷうんおばちゃん”こと飯塚広美さんが考案したのが、今、注目の三角スプーン。


 小学校に入る前に、この三角スプーンを使うと、自然に鉛筆を正しく持てるようになる!


 正しく鉛筆を持って使える小学生は2割以下

 幼児の親世代(現在の30代~40代)で正しく鉛筆を持ち使える人は3~4割 (--;)

 

 このスプーンを使って、小学校に入る前に鉛筆の持ち方を教えよう!



三角スプーンは特許取得済み。

2020年、静岡県藤枝市を代表する商品「藤枝セレクション」に選ばれた。


<動画公開 三角スプーンの使い方>


飯塚さんが作成した、実際に子どもが三角スプーンを使う動画を紹介します。


1、三角スプーンの持ち方




↓ 三角スプーンと鉛筆の持ち方は同じです。


2、食べるだけで、鉛筆の使い方が身につく




3、ヨーグルトをすくうと、ひらがなの「はらい」の動きにつながる。




 ↓ ひらがなの「はらい」につながる




4、ヨーグルトをかき混ぜると、ひらがなの「まげ・むずび」の動きにつながる。




 ↓ 「まげ・むすび」の動きにつながる




●食べながら“鉛筆の正しい持ち方”が身に付きます●


イベントで、子どもに教える飯塚さん


★すぷうんおばちゃんのショップサイト


(動画 by 飯塚広美  無断転載禁止)