リフォームコンサルタントの笠原さん「暑さ対策!インテリアのアイデアを紹介します」

更新日:2021年9月13日

こんにちは。暮らしリフォームコンサルタント笠原利恵です。

暑い夏の季節になりましたね。


インテリアの工夫で外の暑い日光をいかに遮るか?

アイテムをご紹介します。


暑い日差しを遮る



これはハニカムスクリーンです。(写真上を参照)

用途によって光を取り込んでいる例です。

日中は上部を開けて光を取り込み

下の方は外からの目線を、うまく遮ってくれます。


状況によって、簡単に位置を変えられます。

とても機能的で、インテリアを格上げしてくれるアイテムです。

ハニカムスクリーンは筒状のハニカム構造、(この部分のハチの巣状ですね)

この部分が空気の層を作るため、大変断熱効率が高くなります。


断熱は冬場、部屋の暖かい空気が、窓の冷気によって冷やされないよう

窓と部屋の間に空気の壁を作ることが大事なのです。

ダブルのハニカムスクリーン

通常ハニカムは1列のものが多いですが

このように前後のダブルになっているものもあります。(写真上を参照)

これらのアイテムは冷暖房費(CO2)の削減につながります。


断熱のための窓


さらに、しっかり断熱したいという方には

内窓を設置するのがおすすめです。

内窓で断熱できる

ただし窓を開けるときには、2度開ける動作が必要なので

煩わしいこともありますが、しっかりと空気の層を作ることができます。

また、断熱だけでなく、遮音にも大変効果があります。

内窓は、短時間の工事でできます。


また、突っ張るだけで設置が可能なルーバーもおすすめです。(写真下を参照)

日差しの入り方を自由に調整してくれます。



必要な枚数を自分で設置して、取り外して洗えるルーバーもあります。(写真下を参照)


外して洗えるルーバーもある

このように、窓にはカーテンだけでなく色々なアイテムがあり、

ECOにも繋がります。

暑い季節にはエアコンだけでなく、このような対策をとることで、地球温暖化の抑止効果にもなります。


家庭でできるエコ生活。家庭内から排出される二酸化炭素削減を目標としながら

美しいエコなくらしを目指しませんか?


笠原利恵さんについてはこちらへ