横浜家系ラーメンは袋入りでもおいしい!

更新日:2021年12月7日

健康と環境改善のアドバイザー馬渕正彦です。私はラーメン好きなので、ラーメンにまつわる話題を書いてみました。


横浜家系ラーメンの元祖の吉村ラーメンはとても人気があります。でも、まだ食べたことがなく、いつかはと考えていました。

先日、スーパーで箱入りの「吉村ラーメン」(3人分で1000円でした)を見つけ、ちょっと高いと思ったけれど買いました。

家系ラーメン吉村

ちなみに、吉村ラーメンとは


1974年、当時長距離トラック運転手だった吉村実さんが、「九州の豚骨と東京の醤油を混ぜたら美味いんじゃないか」と思い立ち、横浜市の新杉田駅近くにラーメン屋を開店。

とんこつと鶏ガラをベースにしたコク深いスープに特製醤油ダレのラーメンは大人気となる。


1999年に横浜駅のそばに移転し、その後、ラーメンの人気ジャンルにまで成長。“横浜家系ラーメン”“家系ラーメン”として、全国に1,000店以上も広がった。


吉村家は、“家系”と呼ばれる全国のラーメン店の頂点に立つ。

ラーメン 吉村

箱入りの吉村ラーメンは、さすがに美味しかったです!

近所のやはり家系ラーメンを名乗るお店より美味しかったような気がしました。


それをLINEで姉に紹介したら、翌日にはこれを買ったけれど、同じかな?と確認が来ました。(袋入りは2人分で348円)

家系ラーメン 吉村

もちろん同じだと答えておきました。

そうしたら、夜には「とても美味しかった!でも、こちらは袋入りで少し安いし、箱入りの方が美味しいのでは⁈」とのメッセージが来ました。


私は「箱入りは半生麺で、日持ちが良くなるようになっているだけだと思う。むしろ生麺風の方が美味しいと思うよ!」と返事しました。


そうしたら直ぐに、ネコが感謝の仕草で動くイラストが送られてきました。(*^_^*)

ラーメンいろいろメニュー

私が一番好きなジャンルは、博多豚骨か熊本ラーメンです。


でも、どちらもニンニクと塩分が多いので気がかりです。


そのため、家族でよく食べに行くのは、つつじヶ丘駅北口1分の「見聞録」です。

ここも豚骨と鶏ガラベースのスープですが、薄くてあっさりしているので安心です。値段も500円、餃子も大きくて美味しいです!


おいしいラーメン店があったら、ぜひ教えてください。


★ラーメンの追加情報

 カップラーメンに“トマトジュース”!!


NHKの番組でやっていた意外な食べ方。何度が実際にやってみたら、とても美味しかったので紹介します。


カップのシーフードヌードルを食べる時、熱湯ではなく無塩のトマトジュースを沸騰させて入れます。

全く別ものになって美味です。

ぜひ、お試しください。


馬渕正彦さんについてはこちらへ