【絵本講師おススメ】子育て中、過干渉になってしまうお母さんへ:絵本「小鳥の贈りもの」 

育児書のような絵本


こんにちは、EQ絵本講師® (絵本幸使)の南部玲子です。

今回、ご紹介するのは


「小鳥の贈りもの」おおぞらにむかって飛び立つあなたへ

絵本 小鳥の贈りもの

ビルッコ・ヴァイニーオ 作

山川鉱矢・山川亜希子 訳

アノニマ・スタジオ 発行

KTC中央出版 発売


私には2人の息子がいます。

かつての私は、大好きだからこそ、かまいすぎてしまう、

いわゆる「過干渉」の母でした。


フォローしすぎてしまったり、口を出しすぎてしまうこともしばしば。

子どもたちが大きくなってきて、「もっと自立してほしいなあ」と感じた時、

「思えばそれは、自分のこれまでのかかわり方のせいだったな」と、気づきました。


そう気づいた後でも、時々ついついかまいたくなってしまう自分がいます。


ですから、最初にこの絵本のヒナを見た時、我が子の姿と被りました。


空を飛びたくて、怖い気持ちを振り切って色々な空飛ぶ方法をチャレンジするヒナ。

時には失敗、時には少し何かをつかんで・・・。


親鳥の助けもきっぱり断って、自分の考えついた方法で試行錯誤を繰り返しながら

成長していく姿。

周りを気にせず、とことん自分を信じて進む。


私も子どもの自立を願うなら、子どものどんなチャレンジも信じて見守ることが大切なんだな~と、この本を読む度にハッとさせられました。


また、自分のスタンスを修正することもできます。

私にとってはかけがえのない育児書です。


大切なメッセージを伝えてくれる


そして、数々のチャレンジを応援する中で、もう一つ大切なメッセージも。


「時にはゆっくり休んでもいいのです。他の人が働いていても気にしないこと」


大切ですね。自分の状態を知る、自分に優しく。

その一言で救われる人がたくさんいるのではないでしょうか。


今、息子の受験期で、息子も私も心の軸が揺れそうになりますが、そんな時はこの本を読み返しています。


「私もついつい子どもに過干渉になってしまって・・・。」というあなた。

是非一度読んでみてくださいね。


ヒナちゃんの絵もとっても可愛いらしいですよ。


南部玲子さんについてはこちらへ