再生可能エネルギーでイルミネーションRE100:子ども達はソーラーランタン、影絵も楽しむ@東京調布 SDGs

更新日:2021年12月13日

12月11日(土)、京王線調布市駅近くのトリエ京王調布・C館横の屋外広場「てつみち」で

光で遊ぼう!みんなでつくった「自然のデンキ」 イルミネーションRE100

が開催された。


子どもたちが調布市環境講座で風力(水力)で作った電気、(一社)えねこや本拠地で太陽光発電で作った電気を用いて、イルミネーションが輝いた。


オブジェを制作したのは、調布市在住の「街のアトリエ」山田元子(はるこ)さん。



当日は、午後2時からワークショップが行なわれた。

多くの子どもたちが、コーヒーフィルターや紙コップを使ってソーラーランタンを作ったり、影絵作りを楽しんだ。

制作されたソーラーランタンは、イルミネーションの近くに並べられた。


午後5時のイルミネーション点灯後、子どもたちはイルミネーションの周りで遊んだり、影絵遊びを楽しんでいた。


イルミネーションは、聖蹟桜ヶ丘駅前をはじめ、同時に全国12か所で点灯された。


主催:トリエ京王調布

後援:調布市

企画協力:(一社)えねこや/(一社)調布未来のエネルギー協議会

ワークショップ:街のアトリエ(山田元子・はるこ)

自然エネ発電指導:小林昭一

チラシデザイン:赤木希恵


以下、写真でイベントの様子をお伝えします。


イルミネーションRE100
点灯へ向けてカウントダウンが行われた。

イルミネーションRE100
子ども達が作ったソーラーランタンも並べられた

イルミネーションRE100
夜空にきらめくオブジェ

イルミネーションRE100
子どもたちも大喜び

イルミネーションRE100
オブジェの中をくぐる

イルミネーションRE100
ワークショップは大人気

\

イルミネーションRE100
移動式「えねこや」も登場した

イルミネーションRE100
影絵ではしゃぐ子ども達


えねこやのホームページはこちら


(まとめ・写真 みらひらナビ いとう啓子)

最新記事

すべて表示