【ブログ・ほっこりする話】足場に囲まれた夏。ほっこり気分は意外なところに。

旅行やレジャーもなく、家にこもっていた今年の夏、

ほっこりした瞬間は、意外なところから生まれた。


8月頭から、住んでいるマンションで大規模修繕工事が行われている。

マンション全体が足場と黒いシートで覆われている。

窓から見えるのは足場と黒いシートで、おりの中にいるような感じだ。


外に洗濯物を干せない日も多く、カーテンを閉める日もある。工事音はけっこう大きい。

この工事は3カ月以上続くので、けっこう大変だ。


マンションの周りのあっちこっちで、工事人が働いている。

猛暑の中、ほんとうに過酷な仕事だなあと思っていたので、

「こんにちは。ご苦労さまです」と声をかけてみた。


すると、若い工事人はニッコリして

「こんにちは~」と返事してくれた。


こんなやりとりだけで、一瞬、気持ちがほっこりした。

あいさつって、やっぱり大事だよね。


あいさつをかわすだけで「仕事がんばってくださいね」という気持ちに自然となる。

きっと、工事人も明るい気分になったに違いない。


ドイツ・ケルンでの思い出


数年前にドイツ・ケルンに行ったときのことを思い出した。

街はずれのカフェに入ったら、そこはトルコ人が営んでいる店だった。

ドイツにはトルコ移民は多い。

ドイツ ケルン
ケルンのカフェでたのんだ、スイーツとお茶

カフェには、おじさんスタッフが2人いた。

おじさんのひとりは、日本に行ったことがあるとかで、フレンドリーな感じ。

もうひとりのおじさんは、強面で苦みばしった顔つき。ちょっと怖い感じだった。


思い立って、

一緒にいた友だちと、スマホでトルコ語をチェック。

カフェを出るときに、トルコ語で「ありがとう」「さようなら」とおじさんたちに言ってみた。


すると、強面のおじさんの顔がくしゃっとして、びっくりするくらいかわいい笑顔に豹変!


母国語のあいさつが、うれしかったんだね。


“あいさつの力”は大きい!


「おはようございます」

「おつかれさまです」

「ご苦労さまです」


今日も、工事人にでくわしたら明るくあいさつしてみよっと。


自分も相手も、これだけでほっこり気分になる!

ケルン大聖堂
有名なケルン大聖堂。大きすぎて全体が撮れなかった ( ;∀;)

いとう啓子