top of page

【ブログ部】入院して分かったこと!お医者さんの一言は効く、たぶん薬より!@いとう啓子

困ったおばさんのこと


 こんにちは。フリーランスの編集・ライター、アネスト出版代表、みらひらナビ編集長のいとう啓子です。


 私にとって2022年の大きな出来事は、入院したことだった。

 コロナ禍のおかげで外部と遮断され、患者と医療関係者だけの世界で過ごした日々だった。


 私は4人部屋に入っていたので、他の患者さんとお医者さんとのやりとりもがいつも聞こえてきた。


 ある初老のおばさんは、1日に何度も看護師さんを呼びつけるくせ者。声が大きくて、何を主張しているのか聞こえてきたが、体調を崩して精神的にも不安定な状態になっていた。


 ある朝、血圧を測ると、おばさんは騒ぎ立てていた。

「170もあるなんて、薬を出してください。お願いします。お願いします」


 「さっきお薬を飲んだから、もう少ししたら効いてきますよ」と看護師さんは優しく応えていたが、おばさんは納得しない様子。


 そんなとき、担当医がやってきた。「●さん、どうですか?」

「血圧が170もあるんです、大丈夫なんでしょうか?先生」とおばさんは訴えた。


 すると担当医は、すぐに返答した。

「そのくらい平気ですよ。●さん。気持ちで負けちゃだめですよ。気持ちをしっかりもって。今日は天気もいいし、元気出してください」


先生の声は力強く、説得力があった。


カーテンがあるから顔は見えないけど、おばさんは反論せずに、その後もしばらくだまっていた。

落ち着いたらしい。


お医者さんの一言が効いたのだ。


「気持ちで負けちゃだめですよ」の一言が、心身ともに弱っていた私にも力をくれたのだった。

病室の窓から見えた空

やっぱり看護師さんは天使だった


昔から白衣の天使というけど、看護師さんたちは、本当に天使のようだった。


手術後、全身麻酔から目を覚ますと、頭はモウロウとしていた。患部は痛いし、点滴を受けながら安静にしていた。


つまり、起き上がって、ひとりでトイレに行けない状況だった。

夜中の2時、3時にもトイレに行きたくなるに違いない。そんな時間に、トイレのためにナースコースするのは気が引ける。


そう思ったので「ポータブルトイレを持って来てください」と看護師さんに頼んでみた。


すぐに看護師さんは笑顔で応えた。

「全然平気ですよ。そのためにいるんですから。どんどん呼んでくださいね」と。


その日の真夜中、私はナースコールして、トイレへ行くのにつきそってもらった。

彼女はトイレから戻るときも、私を支えてくれた。


その後も、さまざまな局面で看護師さんたちは、優しくお世話してくれた。若い看護師さんが多かったが、彼女たちは患者のどんなわがままにも、嫌な顔を見せずに対応していた。


彼女たちにとっては仕事で普通のことなのかもしれないが、

昼も夜も忙しい仕事なのに、優しさを持って働き続けている姿に心打たれた。

以前、入院したときも思ったけど、今も変わらず看護師さんは「天使」だった。


今、医療現場は大変な状況だ。看護師不足も問題になっている。


そんななか、誠意をもって看てくれた慈恵医大第三病院の看護師さんたちには、感謝の気持ちでいっぱいです。



Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page