【整理整頓】片付けが苦手です。どうしたらすっきり整頓できますか?

整理整頓の基本


 整理整頓の苦手意識をなくそうと努力する必要はないと、考えています。そのことでかえってストレスが増えてしまうこともありますから。


 また、苦手と思っていることで注意力が高まることがあるので、マイナス面だけではありません。

 しかし、これだけでは返答にならないので、基本的な方法論だけ書きます。


1、物の定位置は決めておく


 これだけは絶対に、やらねばなりません。物をしまう定位置の棚に、分かりやすくラベルを貼っておくと、よいでしょう。


しまう棚にラベルを貼る

2、その日に使う物はまとめておく


 デスクワークの場合、その日に必要な文房具などは机上にバラバラに置かず、浅めの箱などで必ず一か所にまとめておきます。


 使う度にその箱に戻します。

 最初は面倒ですが、慣れるとその僅かな時間に再確認ができて、ミスが減ることに気がつくはずです。

 それに文房具の紛失も防げます。


トレーなどにまとめて置く

3、元のところに戻す


 机や、使用した部屋を後にする時には、元通りに戻しましょう。

 その時、机の場合は必ず立って全体を眺めましょう。部屋の場合は背伸びして(踏み台があると良いが…)遠くまで点検するようにしましょう。


 僅かな目線や角度の違いで、気がつくことがぐっと増えると思います。


机の上を眺めてみる
部屋全体も点検

今回は、目で見てすぐ分かることを中心に書きました。


馬渕正彦さんについて 馬渕さんの書籍「整頓のマジック」はこちら